Mrジョンのメルボルンお天気日記です。残念ながらジョンしか書き込みできませんです。
訪問者の書き込みは、何でも掲示板をご利用くださいませ!

2013/06/30(Tue) Trip overseas
I just return from trip to Japan yesterday!
ほとんど3週間ぐらい極端の日本(最北端の沖縄県の波照間島島から最南端稚内のちかくの宗谷岬まで回ってきました!)
 ちなみに両方のところで写真をTSHIRTSの姿で撮ってきました!不思議のことでんな!
(私のFACEBOOK PAGE をごらんになってください!)
 沖縄で亜熱帯の雰囲気を強く感じてSNORKELLINGや海水浴も楽しめました!一方北海道でビクトリア週
みたいな酪農場の風景を探検しました!
 そのうえ稚内の方面をRENTACARで回って孤独感を感じて田舎道で狐をすぐちかくまでやってきました!
(オーストラリアでしたらほとんど考えられない場面でんな!)札幌でも本当にほんまにええとこでんな!
(あまり飲まない地元の札幌のビールの味が最高最高裁判所ぐらい!)
 楽しい思い出が数え切れないぐらいけど最も印象的なのは日本人の皆さんのもてなしや人間性や勤勉性などの
素晴らしさを再発見・再認識しました!
 それではここで貴重な旅の思い出を大事にしながら
相変わらず喜んで日本人の皆さんを素晴らしいビクトリア州・メルボルン市をご案内します!!ヨカ!ヨカ!
2012/06/25(Mon) Trip to Singapore,Shanghai and Japan May 2012
(原稿を最初に英語で書いて日本語で重点を抑えて説明します。その後日本語訳を書きます)

I took a recent trip (my first in 2 years )to Singapore,Shanghai and Japan(Tokyo/Yokohama/Osaka)
My first trip overseas to Singapore was in 1985
and I must admit a lot seems to have changed.Especially a lot more sightseeing
and not just shopping. I am very impressed with
Singapore people.Hardworking yet gentle they seem
to be very similar to Japanese even if most people
are of Chinese origin with some mixture of Indian
and Malay people.
(勤勉でやさしくて主に中国系なのに(少しインド人系やマレー人系が混ざっています)日本人にとても近い感じをしました!)
 Anyway I enjoyed my stay and of course food was
excellent.China was quite a different story!
On first day I took wrong suitcase from airport and also I was victim of fraud from several
`friendly` English(and Japanese!)speaking Chinese who offerred to take me to tea ceremony
or coffee shop or restuarant and I lost a few
hundred dollars!My biggest regret was not learning some Chinese even though I can read some Chinese kanji.The rest of my stay was fine and I took a nice day trip to Wuzhou near Shanghai.The Bund and skyscrapers were awesome and almost like out of the future.I have strong impresssion China,especially Shanghai,has one foot on the future and one in the past.
建設ブーム(高度経済成長期)が非常に進んでいるのにいろいろな面で遅れていると思います。。得に
マナーや国際化)Of course there were several people who were very helpful including staff at my hotel who helped me to get my luggage back from police station but I felt very much an `outsider` much more than when I first lived in Japan.Perhaps If I studied language and culture more it might be different as now In Australia China has become economically such an important country and their are also many Chinese tourists.
Actually I was so happy to arrive In Japan from China not just because I could speak Japanese and see my friends but I felt a great sense of relief and also a belief that Japan is like a second home for me. 中国と違って違和感がまったくないしさすが第二古里になったみたいです。
 to be continued!
2012/04/17(Tue) Vegemite and Anzac Biscuits
オーストラリア 唯一の食べもの  PT 1
  VEGEMITE・ANZAC BISCUIT

  日本人の皆さん!最も人気な食品‘ベジマイト‘って食べたことがありますか?

オーストラリアに住んでいる日本人のあいだベジマイトに関してかなり賛否両論に分かれていますが大抵おいしくないと言われています(80%?)
一方長い間メルボルンっ子MR JOHNとベジマイトは密接な関係があり
ほとんど毎日トーストに塗ったりしています。
こちらで大学を出てからオーストラリア及び世界で唯一のベジマイト工場
(ポートメルボルン)でベジマイトのビン詰めの仕事をしたもんじゃ!
振り返ってみると工場の中はベジマイトの匂いが圧倒的なので嫌いな人
でしたら早速止めてしまうでしょう!
 ベジマイトはイースト酵母の入った黒いペーストの発酵食品です。
  ビタミンB群に富んでいるし、ミネラル等の栄養たっぷりで低
カロリー・無脂肪・無コレステロールと思いがけない健康食品だとみなされるいます。
 見た目 海苔の佃煮みたい食感は味噌に近いし、味はめちゃめちゃ
しょっぱい!実は日本人にとってベジマイトの匂いが‘くさい!とよく聞いて
納豆に相当すると認められるかもしれません。

パンに塗るだけじゃなく、醤油のかわりに刺身につけても最高の味だと信じていますよ!。
 私が日本にいた時わさびや醤油が苦手で代わりに持っていたベジマイト
をつけてみて私にとって画期的革命的な食べ方でんなー!
ご飯やイカなどつけてもいいしスープの味付けにしてみたら?
  他のオーストラリアの食アイコンはアンザック・ビスケットです       アンザックは第一次世界大戦の時にトルコにあるガリポリ半島に派遣された  オーストラリアリとニュージーランド軍(Australia and New Zealand Army Corps) の略です。当時兵隊の食料の栄養不足の心配のためお母さんたち、奥さんたちなどが船でかなり長い旅でも腐らないで味も保てるビスケットを作ったそうです。                                      アンザックビスケットがロールドオーツ、粉、乾燥したココナツ、砂糖。バーターや蜂蜜シロップなどで作られて栄養豊富のオーツと小さな断片に崩さないように蜂蜜シロップを入れたそうです。
ベジマイト といっしょにほとんど100年前から長い歴史を持って昔から元のレシピがそんなに変わっていないようです。一方ベジマイトと違って日本人にとても好まれています。味わった後スーパーで熱心に買ってきてまた日本に本物オージーのお土産としてもって帰る。ヨカ!ヨカ


Australian Unique foods  PT 1

VEGEMITE/ANZAC BISCUITS

   To all my home page readers!What do you think of Vegemite?(Very popular food here...have you eaten it?)
   Amongst Japanese living here in Australia the opinions appear to be divided
but I would say approximately 80% would say its certainly not delicious!
On the other hand being a local Melbournian who has had a close affinity with Vegemite for a long time, I usually eat it on toast nearly every day!
Actually after graduating from university I worked for several months
In the Port Melbourne factory which is the only place that makes Vegemite in the world!Looking back the yeast smell of Vegemite was so overpowering
That if you didn’t like it you most probably would be forced to quit immediately!
Vegemite is a fermented dark paste make from yeast extract.With a lot of
B group vitamins and minerals, low calories,no fat or cholesterol it might even unexpectedly be considered a health food.
At a glance it looks like nori paste,seems a bit like miso except its
very salty! In fact the smell of Vegemite for many Japanese is quite unpleasant and leads to comparisons to Japanese natto(fermented bean paste)
Vegemite can be spread not just on bread but also on sashimi which tastes fantastic!Actually when I was in Japan I used it as a preferred substitute for soy sauce and wasabi . Please try it also on rice,squid or other seafood or put into soup to create an unusual revolutionary taste!
Another Aussie food icon are Anzac biscuits named after the Anzac(Australian and New Zealand Army Corps)troops who were sent to fight in Gallipoli,Turkey during World War 1.At that time the mothers,wives and girlfriends of these soldiers were all concerned at the lack of nutrition in the rations the soldiers were receiving They decided to make a biscuit which could stand the long journey by ship and still keep its flavor..
Anzac biscuits are made from .rolled oats, flour, desiccated coconut, sugar, butter, and golden syrup.Oats were used due to the high nutritional value and the golden syrup kept the biscuits from crumbling into small pieces!
Together with Vegemite, Anzac biscuits have a long history dating back
almost 100 years and have not changed too much from the original recipe.
However unlike Vegemite most Japanese tourists like Anzac biscuits a lot
and after tasting them are keen to buy them from the supermarket or take back home as a real Aussie souvenir!.
2012/03/26(Mon) Japan earthquake 1 yr on 地震1年後の反省・激励
  大地震が起こってから1年になりました。
信じられないぐらい恐ろしい出来事が完全に終わりそうにないようです。
東北では今でも被災者や苦しんで方々に心から同情して早く復興実現できれることを強く望んでいます。

こちらで3年前大変な山火事が起こってたくさんの命が奪われて
こんな災害を2度と繰り返さないように政府や消防団体がもっと安全な対策
の確立を急ごうという声が上がっています

今日ラジオで日本国がほとんど脱電子原発になりそうだと聞きました。(1ヵ所だけ稼動しているそうです)オーストラリアで安全性の面で原発に強く反対して
いますから原発がない社会を実現すればいいことだと信じています

それでは
相変わらず被災者の方々ことを考えていますし
日本人や世界中の人々と団結して危機に立ち向かって乗り越えるように応援します!

Its one year after earthquake.An unbelievable,horrible event that still seems not to have ended.To those people in the Tohoku area still suffering I extend my deep sympathy and strongly hope the rebuilding and recovery will take place soon
Three years ago here we had a horrible bushfire where many people died in a single day.For this disaster not to happen again our govt and firefighting authorities
Are being urged to hurry to implement better safety measures.
I heard on the radio today that Japan has now only one nuclear reactor working and others have been deactivated(almost all Japan is now non nuclear)
In Australia due to safety concerns we are strongly against nuclear power and I hope we can realize a non nuclear society in the future
Anyway I am still thinking of the victims of earthquake and with other Japanese and peoples of the world stand in solidarity as we confront this crisis and offer any help to overcome this unfortunate event and aftermath!
 

2011/12/17(Sat) Mr John Speaks 将来に対して楽観的な見方から
Mr John Speaks 将来に対して楽観的な見方から
   去年から様ざまな問題を取り上げました、環境、観光、少子化、健康など
 確かに21世紀の幕が開いてどうしても解決できない問題が多いようです。
たとえば世界平和を望んでたくさん紛争が続いて、いろいろな理由でオーストラリア軍隊を参戦するため海外まで派遣し続ける。
それでも将来に対して楽観的な見方から楽しみにすることが多いと信じています
例えば200年前と比べ寿命が2倍になって、これからもさらに延びるようです。
病院や医療施設で全員が治療を受けられますし
医学の進歩につれて昔治らないと言われた多くの病気が治療可能になり、鎮痛剤で痛みがかなり緩和できます。

 昔より平均所得が著しくふえて、社会福祉制度が充実し、
極度の貧困は、ほとんど撲滅しそうです。教育レベルが高くなり、もっといい食料品が食べられますし、子供の死亡率も大分減ってきました。
 前世代と比べ幅広いサービスと品物を利用できますし、衛星とハイテク
技術が進んだ結果、Internetやスマートフォーンなどが誕生して情報通信
に革命的な変化が起りました。
  発展途上国の一部以外は人口増加率が減り続けていますし、再生可能エネルギーをもっと促進すれば環境負荷の低減にかなり貢献できると予想されます。
 歴史の流れを見ると思想と技術革新をうまく活用すれば、残されている問題をもっと克服できると信じています。
たとえば緑の革命で高収穫品種の導入や化学肥料によって穀物の生産性が向上して貧しい国が助けられて多くの人々の餓死を防げました。
 人間の努力に限りがない。暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領が
1961年 に演説で表明した「1960年代の終わりまでに人類を月面に到達させる」という公約が1969年に実現された。
 従って創造性と好奇心を合わせて画期的な発明をして、これからも人間の幸せや生活水準を改善させるべきだと確信しています。
  結局に‘問題‘視するのでなく、どうやって取り組むかと迅速な行動力を発揮して前向きに楽観的に将来に向かって頑って行きましょう!  

最後に今年いろいろな記事を読んでくださって本当に感謝しています。
また来年面白くて役に立てる記事を書き続けたいと思います。
 それでは皆さんにヨカ!ヨカ!2012年を!

英訳 もうすぐ載せるつもりです
2011/11/23(Wed) Kenko Mondai Pt 3 医学の進歩と生き方
 この記事を来月地元の日本語の新聞
‘Dengon net` に載せます..



健康問題 PT 3 医学の進歩と生き方

医療技術が急速に進歩するにつれて、次世代はおそらく百歳近くまで平均寿命が延びると供に、癌のような病気も生命を脅かす病気とは、みなされなくなるでしょう。
例えば、最近では、ナノテクノロジーと医学、生物学等を融合させた高度医学の研究分野、ナノメディシンで、驚くべき進歩がありました。超微細物質を使って、将来的に人体の病気や損傷を見つけ出し、治療に大革命をもたらす可能性も出てきました。医用生体工学分野では、人工臓器、身体の部分交換やその機能の強化がされています。最近、オーストラリアでは、人工内耳が登場しました。

近い将来、人間と機械を区別するのは難しくなり、多くの人々がロボットや人工的な心臓、肺、四肢等の身体部分を使用するようになると予想されます。人のクローニングと新しい手足や他の臓器を育てる幹細胞研究が現実的になってきています。ですが、多くの倫理的問題は、まだ解決されていません。

今後数年間で、スマートフォンを使って、健康状態を診る事ができるようになるでしょう。また。体内にデバイスを注入しても、生体拒否反応を起こさず、健康管理する事ができるようになるかもしれません。
最近、メルボルンを訪れた有名な米国の発明家であり未来学者‘レイ・カーツワイル’ は不死身になりたがっていますし、今後30年で現実に起こり得る事だと考えています。

日本、オーストラリアを含めた先進国では、低死亡率と低出生率によって急速に高齢化が進んでいます。お年寄りにとって大きな課題は、健康を維持しながら、残りの人生を楽しみつつ、社会に貢献をする事でしょう。
私が日本に住んでいた時、生涯学習を通じて、音楽、芸術、外国語を学ぶ事等、さまざまな技や趣味を習得した活動的な高齢者に感銘を受けました。

寿命が延びれば、幸せな社会に繋がるのでしょうか? 治療や薬が、痛みや苦しみを軽減、解消すれば、老後を快適に有意義に暮らしていく自信がありますか?
我々は、死を受け入れる事ができるのでしょうか。寿命を延ばせるようになっても、老年になって刺激的な毎日を過ごせるでしょうか?

Health Issue Pt 3 Future Trends and Longevity

As we move into a future of rapid technological change it appears that in another generation we will possibly live to an average of close to a hundred years and and many diseases like cancer will no longer be as life threatening as present. .
For example recently amazing advances have been achieved through a convergence of nanotechnology with medicine and biology which has led to a high level of medical research known as nanomedicine.
This involves using ultra fine microscopic particles which could revolutionize the way we detect and treat damage to the human body and disease in the future.In the field of biomedical engineering ,which deals with the replacement or enhancement of organs or other body parts by mechanical versions we have recently seen the appearance in Australia of the bionic ear.
Indeed in the future the line between man and machine will become even harder to distinguish with more people predicted to be using robotic or artificial parts ,e,g heart ,lungs,limbs etc.Human cloning and stem cell research, where we can grown new limbs and other organs ,is almost a reality with many ethical implications yet to be resolved
In the next few years we may be able to monitor our health using `smart phones` and devices implanted into our body which will not be rejected by our immune system.
The famous American inventor and futurist,Ray Kurzweil,who recently visited Melbourne,states he wants to be immortal and believes this could be a real possibility
in the next thirty years or so.
Japan,Australia and other advanced societies are rapidly aging due to lower birth and death rates.The big issue for most elderly people is to maintain good health while enjoying the rest of their lives and/or still trying to make a contribution to the society they live in.
When I lived in Japan I was especially most impressed at older people following the idea of `lifelong learning`, remaining active and constantly learning various skills eg, music,art, languages etc.
If there is an increase in longevity will it lead to a happier society?And If modern drugs can alleviate or eliminate pain or suffering can we also be confident that we can live a comfortable and meaningful life well into our old age?
.Can we really accept death ?And even if its possible to extend our lifespan will we still look forward to every day as an exciting challenge ,even well into our old age?


2011/10/20(Thu) KENKO MONDAI  PT 2 UTSUBYO
Kenko Mondai PT2 うつ病 (これから現地の日本語新聞‘DENGON NET`に載せるつもりです)
内容を少し変更するかもしれません

 大丈夫ですか?’‘いいえ大丈夫じゃないけどOkです!’(要するにもう話したくない)先日ラジオでこの会話を聞いて、多くの人の精神状態がよくないうえに、人に話したくない話題なのだと思いました。その時なぜかビートルズの・エリナーリグビー・の歌詞が思い浮かびました。‘孤独な人々はどこからくるのか?孤独な人々はどこへ行くのか?’
 時々私たちは落ち込んだり、悲しみや孤独を感じたりします。しかし一部の人は、理由も分からず、長い期間深刻なうつ状態でいるようです。
うつ病はただ悲しく感じているというだけじゃなく、現在深刻な病気と見なされています。
2020年までに、世界保健機関は、社会に対する病気の影響を指標とすれば、うつ病が最も一般的な病気の2位になると予想しています。
オーストラリアでは5人に1人がうつ病にかかっていると推定されていて、これは明らかにその友人の親戚や知人へ大いに影響します。
 年齢や文化や収入に関わらず、また多くの有名で成功したオーストラリア人も深いうつ病に苦しんでいます。そして何もしないままでは、
極端な場合には、神経衰弱、自傷や自殺につながります。
 良いニュースは、うつ病が治療と薬で緩和することができるそうで、
 過去と比べて、問題を議論するのはもっと開放的になりました。
うつ病に関する書籍やWebサイトなどが増えて、精神科、心理学者、カウンセラーなどに相談や助けを求められます。オーストラリアのいくつかの団体と人、たとえば‘Beyond Blue’や‘2010年のAustralian Of The Year に選ばれたの精神専門家、パトリックマゴーリ教授の努力と貢献のおかげでこの話題がもっと目につくようになりました。
  
 私自身は動揺感じたり、何かの理由で落ち込んだときは、前向きに楽観的な見通しに集中するよう努力します。特に私はアメリカの心理学者マーティンセリグマンの本を推薦します。自分の才能を開発し、真の幸福を見つける、他の人との長期的な関係を構築し、世界に貢献をするため。
 しかし、ただ‘幸せになろう!と頑張っても、大きなストレスや個人的に悲しい思いをしたら、我々は憂鬱な気分になってもやむを得ない時もあります。
でもうつ病を人生の旅の道連れと認めるべきではないでしょう。
  それが挑戦的で困難だとおもえても、病気をコントロールしようし、あきらめないで!自分の精神のため!自分の人生のため!

日本語電話相談  www.hopeconnection.org.au 0408 574 824 (メルボルン)
日本や他のところで深いうつ病にかかっている病
必ず地元の相談事務所と連絡してください!

PS 前向きに考えてみたいなら
 次の歌を薦めます
ELO ‘MR BLUE SKY‘
http://www.youtube.com/watch?v=k_-95Iq2-Tg

 Health Issues Pt 2 Depression
‘Are you Ok?’
‘ No I am not but its OK.’(In other words I don’t want to talk about it!)
  I heard this conversation on the radio recently and it made me think of how many people don’t feel mentally well and consequently are unwilling to talk to others about it. From time to time we all can feel down or a bit depressed or lonely
 But some people can feel this way much more intensely and for a long period of time , often without reason.
   Depression or depressive illness is more than just feeling sad and in fact its now viewed as a serious illness.By the year 2020, the World Health Organisation estimates that depression will be the second most common illness affecting society, when measuring the impact of illness on society.
In Australia its estimated one in five people are affected by severe depression and this obviously has a huge flow on effect to friends relatives and acquaintances of the person affected. It can affect anyone regardless of age or culture or income and many famous and successful Australians have suffered deep depression.And the consequences of not doing anything can be sometimes tragic and in extreme cases result in mental breakdown,self harm or suicide.
The good news is that severe depression can be treated and alleviated with medication
And compared to the past its become a lot more open to discuss the issue and
a lot more information is available ,including books and web sites .
One can also readily consult or seek professional help from psychiatrists,psychologists,counsellors etc Also the work of several organizations in Australia such as Beyond Blue and people such as mental health expert and 2010 Australian Of the Year ,Professor Patrick Mc Gorry have also greatly assisted in bringing this issue to more prominence and and be more widely discussed.

When I have felt upset or depressed for whatever reason I try hard to focus on trying to have a positive optimistic outlook overall.In particular I would recommend the books of the American psychologist Martin Seligman in encouraging people to develop their talents,find true happiness,build lasting relationships with others and make a meaningful contribution to the world .
But in trying to just `be happy` there are times of great stress or personal grief where we cannot help feeling emotionally down or depressed for sometime..However one should not accept depression is going to be our lifelong companion.Whether we see it as a challenge or a struggle we need to take some control and not give up.Its your mind ! Its your life! .

www.beyondblue.org.au  Local tel support
In Australia
Lifeline 13 11 14
In Japan pls consult your local support tel

2011/09/17(Sat) Kenko Mondai
Kenko Mondai (これから現地の日本語新聞‘DENGON NET`に載せるつもりです)

 健康を維持するのは意義があり幸せな人生の基礎だと確信しています。
幸福や富や愛を追求しても健康が悪化すると他の人生の楽しみを十分に楽しむことができません。
実は病気のお年寄りを面倒みている看護師の友達から聞いたところによると、全員が お金よりも健康に戻ることが第一の望みだそうです。
 実は最近久しぶりにひどい風邪にかかってしまって気合・気分‘機嫌
もわるかったな!
普段、良好な健康状態だと誰もが病気や怪我など克服できないことはないと思い込ませます。。
  得に10年前から日常の食事や生活を気になってきて
 ‘予防は治療に勝る’ということわざに従ってたくさんの本を
読み、友人や医学的背景を持っている同僚とこの問題を議論して
きました。

私やたぶんたくさんの人にとって健康の基本は次のように
(1)栄養バランスの取れた食生活  
(2)適度な運動
(3)十分な休養や睡眠時間をとること
4)前向きな考え ストレスを解消するように努力する

 もちろん最善の健康状態を守るため禁煙やアルコールを飲みすぎないようにすることが大切です。多くの場合、免疫系を弱めるのを防ぐためできるだけ薬をとらないようにします。
 1970年代` Life Be In It ! という人気のオーストラリアのテレビコマーシャルがありました。カウチポテトにならないように説得して外で趣味やスポーツなども活動を通じて人生をもっと楽しもう!しかしながら現在机に向かって仕事する生活を送って、太りすぎの人が増え続けているようです。その結果マスコミを通じて昔のCMのメッセージをもう一回知らせる必要があると思います。
 アクティブなライフスタイルが病気を防げる保証はありません。でも何か目標を達成するためや自分自身や他の人を助けるため充実した、健康的なライフスタイルへの鍵です。ですから‘健全な精神は健全な肉体に宿る’と言い方は当たり前です。
いつものように自分や家族の健康に関していろいろな情報を得て信頼できる医療専門家に相談するべきです
しかし、あなたは良い健康を維持または回復のための責任を取るようにしてください!
最適な状態を守るために必要な措置を講じましょう!
それはあなたの体!それはあなたの人生!
Health Issue


Maintaining ones health is I believe one of the foundations to living a meaningful
And happy life.One can desire wealth, happiness,love etc but if you have poor health
One cannot truly enjoy these and other things we value..
Actually I have a nursing friend who looks after sick elderly people and tells me
All of his patients say they would happily give all their money to bring back their health

I,myself, have been careful with my diet and lifestyle,especially the last ten years or so.
I have followed the old saying `Prevention is better than the cure`.and have read
many books concerning diet and preventative medicine .I also have discussed this with friends and collegues,some with a medical background.

However recently I myself had a bad cold which I have not suffered for a long time
And left me feeling in a bad mood also! .As someone who is usually in quite good health it reminded me that no matter how well you have been nobody is invincible to illness or injury.

For me and probably many other people there are several keystones to health
1) A fully balanced and nutritional diet
2) Suitable exercise
3) Enough time for rest and sleep
4) A positive optimistic outlook on life and trying to minimalize stress

Of course not smoking or not drinking too much alcohol is also very important to maintain good health.Unless its absolutely necessary I do not take any medication or drugs as this often weakens your own immune system.

Back in the 1970s there was a popular Australian TV commercial called `Life Be In It` which urged people to get off the couch and get out and enjoy life through any hobby,sport or activity .However compared to then there appear to be a lot more desk or couch bound obese people leading a sedentary lifestyle.As a result perhaps we need to repeat and reinforce through the mass media the message contained in that commercial!
While we can never guarantee that an active lifestyle will not prevent getting sick I strongly believe having a real purpose to achieve something for yourself and to help others is also the key to a fulfilling , healthy lifestyle.Hence the saying a healthy mind
Is a healthy body makes a lot of sense.
As always, one should obtain as much information as possible and consult with trusted medical professionals about you and your family`s health.However one should also try to take responsibility for maintaining or restoring ones`good health .So lets learn to take the necessary steps to help stay in optimal condition.Its your body!Its your life!
2011/08/29(Mon) What Happened Japan (and Elvis!)
Japan What Happened ?! or Elvis What Happened?
日本はどうしたの? またはELVIS どうしたの?
ちょっと変な話しなんですが、先日世界的に有名な、1997年に亡くなった歌手エルビス プレスリーに関する本‘ELVISどうしたの?’を見かけました。
皆さんご存知のように50年代大成功し世界中の人々に愛されていました。
 けれど20年後死ぬ直前にこの本が出版され、彼が太りすぎて健康状態が悪化したことで述べました。
 経済バブルがはじけた20年後日本が素晴らしい経済や
‘世界の誇り‘からだめになってしまって可愛そうなELVISの姿と重なってしまいました。
 頻繁な首相交代が長期的戦略による経済と財政債権の実行を妨げていますし、
大地震や原発事故によって景気回復が遅れてきました。
現在‘アジアの病人’とよくみなされています。 
でもいろいろ壁を乗り越えるため頑張れ精神を持っている日本人に確信を持っていますが効果的に強いリーダーシップが絶対必要です!


最新ニューズ!
 次の総理大臣となる、民主党の新代表に野田氏が決まりました。頑張ってNODAさん!
元総理大臣小泉と同じぐらいエルビス プレスリーのフアンかな?!この本を読むと大事な教訓になるかな?

PPS 病気になっても治れる可能性があります
GET WELL SOON JAPAN! いつものように応援します!ヨカ!ヨカ!

It might seem strange but the other day I came across a book called `Elvis what happened` about the late great world famous singer Elvis Presley
As you all know Elvis became hugely successful in the 1950s and was loved by millions all over the world
But twenty years later just before he died this book was published
Which showed him overweight and in very sad shape
I couldn’t help thinking of Japan twenty years later after the bubble burst
Going from being such a wonderful economy to being in such poor shape; like poor Elvis!
Of course the March earthquake ,tsunami and radiation crisis has made things much worse. Today Japan is going to elect a new prime minister ,the fifth in six years
This frequent change in leadership has prevented Japan from implementing true economical and fiscal reform following the global financial crisis.
In fact Japan is now seen as the `sick man of Asia`
But I still have great faith in the `never give up` Japanese people in overcoming lots of these difficulties
But there needs to be strong and effective leadership

Stop News !
Mr Noda is elected as new Prime Minister.Good Luck!I wonder if he is a fan of Elvis
Presley like ex Prime Minister Mr Kozumi、Perhaps this book could be a good lesson
For him!

2011/07/18(Mon) 日本人観光問題 IN AUSTRALIA
この記事を来月のDENGON NETに載せるつもりです

 ビクトリア州の観光問題

「近頃日本人のお客様をなかなか見かけませんね」。州内のホテルや観光スポットを回っていると、この言葉を何回も耳にするようになりました。確かにこの10年の間に、オーストラリアやメルボルンへ来る日本人観光客が激減しているのを目の当たりにしています。1990年代半ばのピーク時には、ビクトリア州への日本人観光客は毎年15万人が来ていましたが、現在では4万人以下になっています。
減少の理由は多々あり、日本経済の不振、日本からの航空便数の減少、“安近短”なアジアの国々へ旅する日本人の増加、豪ドル高、こちらの物価の上昇等が挙げられます。

更に拍車を掛けたのは、日本からメルボルンへの直行便が3年前になくなった事です。しかも、オーストラリア代表の航空会社、カンタス航空は、当分の間直行を再開する意志はないようです。
 ビジネス、文化的、社会的にも重要な拠点で、人口400万人以上に成長しているメルボルンと日本間で、なぜ直行便が全くないのか? まだこの疑問について回答は見つかっていないですね。

もちろん観光面では、オーストラリア政府観光局が、日本人観光客の下落を懸念し、多くのキャンペーンを導入して頑張っていました。ですが、”The Where The Bloody Hell are you!”というキャンペーンの誤訳で、最終的に大失敗に終わりました。
実は長い間日本では、クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州に比べ、ビクトリア州のの影が薄かったようです。その結果、多くの日本の旅行会社は、残念ながらそれら他州にマーケティングを集中してきました。依然として、ビクトリア州は、ハーバーブリッジやグレートバリアリーフのような観光アイコンを持っていないとみなされています。ですが、ビクトリア州には、ワイナリー、スキーリゾート、美しい国立公園や海の景観等、日本人観光客にとって最適な数多くの独特のアトラクションがあります。

 そして現在、ビクトリア州の主要なマーケティング活動は、日本ではなく中国に取って代わり、中国人観光客が日本人観光客を圧倒的な数で追い越しています。この状態は、しばらくの間変わらないようです。
  
ですが、1990年代の日本人の観光ブームが終結しても、この先いくつかのチャンスはあり、更に解決策があると信じています。
 それに関して次回詳しく述べましょう!

 Japanese Tourism Issue

`We don’t see many Japanese anymore`
I don’t know how many times I have heard this phrase while going around many hotels and sightseeing spots in Melbourne
Certainly we have seen a huge decrease in overseas Japanese tourists coming to Melbourne and Australia in the last decade.From a peak of over 150000 Japanese coming here in the mid 1990s we now have less than 40000 coming to Victoria annually.
The reasons for the decrease are many ranging from a weak Japanese economy,
a reduction in air capacity from Japan,a tendency for Japanese to travel more to `ankintan`(Japanese abbreviation for cheap,near,short trip) countries in Asia, a higher Australian dollar and our increasing higher cost of living etc.
This has been exacerbated by the cancellation three years ago of a direct flight from Japan to Melbourne .Furthermore ,our national carrier Qantas appears unwilling to reintroduce this service for the time being.Considering formidable business,cultural and social ties that Melbourne has as a growing city of over four million with Japan ,why cant we have a direct flight?This is indeed a question which we haven’t appeared to have found or been given an answer to yet.
Of course from a tourism viewpoint ,Tourism Australian has been concerned with the decline of the Japanese tourism market and has tried to introduce many campaigns including most notably`The Where The Bloody Hell are you!` which unfortunately got lost in translation and was ultimately unsuccessful.
Compared to the northern states of Qld and NSW Victoria has long been overshadowed in terms of its profile in Japan and many Japanese travel agents have concentrated their marketing to these other states. For quite a while Victoria has not been acknowledged to possess a tourism `icon` like Sydney`s Harbor Bridge or Queensland`s Great Barrier Reef .However Victoria has many unique attractions most suitable for the Japanese traveller whether its wineries, ski resorts , our lovely national parks or ocean scenery.
Concerning the decline in Japanese tourism here in Victoria it looks like this situation will not change for a while.With the number of Chinese tourists far surpassing Japanese major Victorian tourism marketing efforts and initiatives are now being directed to that country.
. But even if the Japanese tourism boom of the 1990s is over I believe there are still opportunities and even some possible solutions.I will discuss more about this in the next issue!

 



Powered by KOMONET